今日から日本酒を

「日本酒を世界へ」というミッションのもと、国内外のまだ日本酒に馴染みがない方々に、國酒日本酒の魅力・感動を発信しています。蔵元さんや酒販店さんと会って感じたこと、開催した酒会、行った酒会の感想などを書き記しています。「日本酒っておいしい!」そういってくれる人が一人でも多くなればとても嬉しいです。

アイデアのつくりかたを読んでみた

どうも、今日から日本酒を!運営者のTakuです。

 

突然ですが素敵な記事を発見したのでシェアします。

 

www.slideshare.net

 

白石さんという方がスライドシェアに載せていたので読みました。

まったく面識もございませんが、最近デザインシンキングについて関心がありたどり着きました。

 

イデアを話した時に得られる通常の反応

「面白そうですね(棒)」

「何がしたいの?」

「既にこういうのあるよ」

 

もう定番というかあるあるというか

こうして出る杭は打たれていくんだなぁとしみじみ思います。

 

ところが続きがあって

 

そこで落ち込んでもいい、がっかりしてもいい、やる気を失ってもいい

それでもやりたいアイデアはむしろ本物

 

とありました。

 

昔読んだ本で、人はモチベーションによって動かされるという話を聞いたことがあります。

 

例えば、同僚3人と昼ご飯に何を食べるか、という話になったときに

 3人はカレーだけど、自分はどうしてもラーメンが食べたい。

 

そんなときは多数決でカレーにしてしまうかもしれませんが

 

「みんなごめん。でも聞いてくれ。俺はどうしても〇〇軒のラーメンが食べたいんだ…なぜならば◇◇で××だからだ。いま食べないと俺は死んでしまうかもしれない…!」

 

なんかここまで来たら「お…おう!」と言ってラーメン屋にするのかと。

※そのあと人間関係がどうのとかそういう話ではないです

 

堀江貴文さんも言っていたけど、「いまは世の中には金が余っているんだから、面白いことをやろうとしている奴には金が集まる。金がないから〇〇ができないって言っている奴はバカ」(セリフはうろ覚え)。

 

要は猛烈な願望に人は動かされていくということです。

 

↑のスライドにもありますが

 

こうしたい!という願望(motivation)があり

具体的な内容(contents)を考え

共感できるコピー(copy)をつくり

コンセプトを社会的意義、目的(mission)を設定する

 

驚いたのは内容が揃っていなくても、コピーがしっかりしていればなんとなく伝わってくれるということ。

 

例えば、こちらは内容もしっかりしていると思いますが、千葉県の飯沼本家さんが言う“酒を通して交流の場を提供したい”というのは本当に伝わってくるコピーだと思います

千葉特産の日本酒を知る、味わう、楽しむ | 「発見!千葉編集部」× 枻出版社 │ チバコトラボ chiba koto labo 千葉の魅力を発信

 

最近20社くらいの蔵元と話をしました。どこも、こうしたい!ああしたい!というエネルギーがあって、いいなと思うときはこの湧き上がる願望が心を動かされるんだと思いました。

 

また、「酒蔵で酒造りをしたい」「酒造メーカーに入り、自分の手で酒を売っていきたい」「とりあえず日本酒に携わりたい」という一般の方と話す機会があります。

 

是非こういったナイスな酒蔵で働いて頂きたいですね。

 

 

今日から日本酒を!

 

なんで日本酒好きなの?と聞かれた

こんにちは。Takuです。

 

更新しない日が続きすぎて「長らく日が空いてしましました」のフレーズを辞書登録しようかと思うくらいです。

 

さて、日本酒業界に属していると「なぜ日本酒を仕事に選んだの?」と聞かれることが多々あります。

 

聞かれたその時々の気分に応じて答え方が変わっていたかもしれませんが、基本は「日本酒ってうまいじゃないですか。だからです」と答えています。

 

ただこれだとイマイチな反応されます。まあそりゃそうでしょうけど…ってな感じです。

 

海外留学中に日本の素晴らしさに気づき、日本の伝統文化を伝えていかなければと思うようになりました…ってのも不正解ではないのだけど、100%それかと言われるとあまりそうではない。

 

じゃあなんだろうかと思ったていたところ、現時点でこれかな、というものが見つかりました。

 

突然ですが私は歴史に価値を感じます。

 

先日「桶狭間の戦い」の合戦があった愛知県のとある地に行きました。ここで織田信長今川義元を討ち取って天下に名をとどろかせたのだなーって思うと感慨深いものがあります。

 

そしてさらに突然ですが私は趣味でバイオリンをやっています。

 

モーツァルト作曲、アイネクライネナハトムジークって曲は知っていますか?

曲名は知らなくても、曲自体はどこかで聞いたことがある人もいるのではないかと思います(知らない人はyoutubeで聞いてみて!)。

 

私も好きな曲ですが、この曲って1787年に作曲されたとのことです。

 

1787年は日本では江戸時代。ちょうど松平定信寛政の改革を始めたときですね。

 

侍がそのへんにいるような時代に作られた曲が、2018年現在になっても世界中で演奏され評価され、人々を感動させている。これってむちゃくちゃすごいことじゃないか。

 

もちろんその時代、モーツァルト以外にも有名無名の作曲家が星の数ほどいたことでしょう。

 

幾多の紛争や時代の変化を乗り越えて、当時演奏されていた曲がいまやインターネットでもその楽譜を見ることができ、演奏を聴くことができる。

 

そんなクラシック音楽に魅せられて、大学入学とともに音楽経験ナシにも関わらずバイオリンをはじめました。初心者で始めたけど、まぁ、なんとかカタチにはなっています。

 

前置きが長くなりましたが、というわけで長く続いてきたってすげぇなと思うわけです。

 

で、日本酒は1000年以上も前から、それに日本国内に存在しています。

 

そして日本酒はおいしい。なのに価値を知っている人は少ないし、伝えられる人も少ない。

 

そんなわけである種の使命感をもって酒の会を始めました(第一回はもう2年前…)

kyoukaranihonnshu.hatenablog.com

 

酒の会に来てくれる人は自分の友達もいますが半分以上は知らない人。

 

それでも日本酒片手に笑ったり話したりして、その空間に居心地の良い空気ができる。

 

日本酒はもちろんおいしいし、世界で最も食事と合う酒は日本酒だと思っています。この素晴らしいお酒を、そしてこの人生が楽しくなるような場をもっと伝えていきたい。

 

そのために、いまは日本酒を造る蔵元の方を経営面でサポートできるような取り組みを行っています。

 

最近では日本酒のイベントも各地で開催され、日本酒が盛り上がっているように見えるかもしれませんが、実態はまだまだです。

 

製造、販売、人材、資金にかかる悩みを聞いて、問題解決し、蔵元の方には思う存分やりたいことをやって頂きたい。別に酒蔵の生まれでもなんでもないのに厚かましいと思われるかもしれませんが、もっと日本酒を知らない人々に素晴らしい日本酒を届けてほしい。

 

どのようにすれば日本酒で世の中を楽しくするか、考えています。

 

「これおいしい!」「日本酒ってこんなにおいしいんだ!」

この一言最高だよね。

 

今日から日本酒を!

スパークリング日本酒は火入れしているのか

こんばんは。Takuです。

 

今日はスパークリング日本酒について最近知ったことです。

 

みなさんスパークリング日本酒は飲んだことありますでしょうか。

 

鈴音や澪など、一度は見たことがあるなんて方もいるかもしれません。

わたしの酒好きなおばは「あれは酒ではない」と言っていましたが…w

 

日本酒ビギナーの最初の入口としてはとても良いかと思います。

とても飲みやすく、そこまでアルコール感もしないですから。

 

スパークリング日本酒も、瓶の中で炭酸を生み出す「瓶内二次発酵」や

日本酒ができた後に炭酸を充填する方法があります。

 

↓記事内のURLにも詳しい記載があります。

kyoukaranihonnshu.hatenablog.com

 

ちなみに瓶内二次発酵の場合は特定名称酒を名乗れますが、

炭酸充填は添加物とみなされ、いくら純米酒の造りをしていても

特定名称酒を名乗ることはできません。

なので出羽桜酒造の「咲」は特定名称酒ではないのです。

www.dewazakura.co.jp

 

それで最近知ったことというのは、火入れのスパークリング日本酒があるということ。

 

スパークリングといったら鮮度を保つために冷蔵保存が基本…と思ったら、

常温流通をさせるために火入れをするアイテムもあるんだそうです。

 

最近知りました。

 

 

え、みなさん知ってる…?

 

と思ったら澪も火入れ酒なんですね…。

 

なるほど、瓶内二次発酵は生酒だけど、

炭酸充填は火入れ酒ということか。

 

しかし個人的な味の好みは瓶内二次発酵か活性にごりタイプかな。

 

やはり自然な発酵だからでしょうか。

 

飯沼本家 酒造体験イベントの動画

こんばんは。Takuです。

 

今年3月に行われた、千葉県の飯沼本家で行われた酒造体験イベント、

「MAKE SAKE PROJECT」の動画がアップされました。


 

www.youtube.com

 

 

本プロジェクトの記事はこちら!

 

kyoukaranihonnshu.hatenablog.com

 

 

今回のイベントは酒蔵のPRも兼ねた動画も作成していたようです。

 

より酒造体験がどのように行われているかが分かりますね。

また来年もいきたいです!!

 

 

酒造体験 飯沼本家にて麹造りをしてきました

こんにちは。Takuです。


今年のMake sake projectにも参加してきました。


Make sake projectとは?

************************

日本酒好きならば、酒蔵を見学をしたことがある方も多いかもしれません。
しかし実際に酒造りをしたことがある人は少ないのではないでしょうか。

酒蔵見学ならぬ酒造体験。そして自分の造ったお酒は後日自宅に届く!
My日本酒を造りましょう!というプログラムです。

************************


kyoukaranihonnshu.hatenablog.com




前回は留め仕込の体験をしました。こんな感じでタンクの中かき混ぜる作業(かいいれ)ができます。




f:id:kyoukaranihonnshu:20170308151746j:plain





今回は酒造りの要ともいえる麹造り!

酒造り体験は4日程に分かれており、参加日によって体験内容がかわります。

体験一発目だと麹造りができます(空いててよかった!)。




f:id:kyoukaranihonnshu:20170308152230j:plain



酒造り体験前のミーティング。






さぁ米と戯れるぞ!


f:id:kyoukaranihonnshu:20170308151816j:plain




米ーーーーーーーーー!!!



この日は添仲の種付け。140kgもの米。圧巻です。






f:id:kyoukaranihonnshu:20170308152019j:plain



なんか小さいころ砂場で山をつくった記憶を思い出しました笑






午前中は酒造り体験をし、
お昼は併設されたレストランで昼食(酒つき!)。

午後は蔵人による日本酒講座→酒蔵見学、締めは利き酒チャレンジ!!




毎度ながら、なんとも盛り沢山の一日でございました。


今回は4日程のうち、2日程のは早々に締め切られていました。


来年もやりますので興味のある方は早めの応募を!!

アメリカ日本酒事情

こんばんはTakuです。

 

昨年の話ですがニューヨークにいってきました。

 

2015年の農林水産省による日本酒輸出実績によると、もっとも多くの日本酒を輸出している先はアメリカで、そのシェアは30%とトップなのです。

 

また海外にも酒蔵はあり、アメリカには6蔵とこれまた海外ではトップの蔵数。ほかにはカナダやブラジル、ヨーロッパには唯一ノルウェーに1蔵あります。

 

海外の蔵元についてはこちらのブログが詳しかったので載せておきます。

http://prometek.hatenablog.com/entry/2016/11/14/231156

 

 

海外ではアメリカがトップシェアの日本酒…これは現地にいってみたい。そんな衝動で渡米したのであります。

 

 

マンハッタンしかいきませんでしたが、ミッドタウンイーストには日本人向けの飲食店が多く集まります。日本酒を出すバーやレストランも多く、有名なところでは「酒蔵」ですか。高すぎたのでいきませんでしたが…

あとは一風堂なんかもあります笑

 

そんな中で今回いったのは「でしべる」。

 

f:id:kyoukaranihonnshu:20170113224547j:plain

 

全員日本人スタッフなので言葉がわからなくてもOK。

 

f:id:kyoukaranihonnshu:20170113224836j:plain

 

 

平日の18時頃行きましたが、店内はほぼ満員状態。土日はそんな状態がほぼずっと続いている人気店です。

 

f:id:kyoukaranihonnshu:20170113224707j:plain

 

メニューです。100種類以上の銘柄が揃っていて、日本の居酒屋も顔負けの品揃えでした。

 

f:id:kyoukaranihonnshu:20170113224754j:plain

 

グラス1杯10~15ドル(1100円~1700円)くらい。だいたい日本で飲む価格の2~3倍いといったところ。

 

f:id:kyoukaranihonnshu:20170113224619j:plain

 

浦霞の瓶がとてもオシャレになっています。この写真でもわかる通り店内は暗めでムーディーな雰囲気を醸し出しています。

 

種類も多く、日本酒の保管状態もよかったのでおいしく頂けました。

 

「香りは華やかですっきりとした味わいです」等、銘柄の表記だけでなく、英語での説明も書いてあったので、日本酒に詳しくない人でも頼みやすいかも。また「日本酒については自分の頭で想像せず、ぜひスタッフに質問してください」と貼り紙がしてありました。そう、日本酒ってよくわかんないのでどんどん説明してほしいですね。

 

料理つまみ程度のもの(でしべる豆腐ってのがなかなかおいしかった!)から肉うどん等〆物までありますので、アメリカ人に日本酒を飲ませたい、というときにはおすすめの場所です。

 

ただ日本酒は輸入したものしか扱っていないので、メイドインUSAの日本酒が飲みたかった私にとってはもう一声ほしかった。

 

当日の夜はブルーマンの公演もあったので、あたりをフラフラしているとなんだかありとあらゆる酒を扱ってそうなリカーショップを発見

 

f:id:kyoukaranihonnshu:20170113224503j:plain

Warehouse Wines & Spirits(https://www.warehousewinesandspirits.com/

 

 

なんとなくメイドインUSA酒がありそうだなと思い入ってみると

 

f:id:kyoukaranihonnshu:20170113224235j:plain

 

あった!!酒コーナー!!

 

もちろん輸入品(日本国内産)もあります。

 

f:id:kyoukaranihonnshu:20170113225003j:plain

 

獺祭 磨き二割三分もアメリカでは79.99ドル(約9,000円)。※日本では5,000円くらい?

 

f:id:kyoukaranihonnshu:20170113224358j:plain

 

そして探したアメリカ産の酒は「g」という日本酒。SakeOneというオレゴン州にある酒造会社です。もともと青森県にある桃川株式会社と合同でスタートしましたが、いまは桃川は撤退しております。

 

f:id:kyoukaranihonnshu:20170113225048j:plain

 

帰国後この酒を飲んでみましたが、かなりしっかりした、力強い味という印象でした。

 

f:id:kyoukaranihonnshu:20170113225126j:plain

 

宝酒造の松竹梅。こちらはアメリカ法人の酒です。現地で造るものはかなり安い。

 

店の中で日本酒の写真を撮っていると、後ろからボブサップみたいなアメリカ人に声をかけられました。

 

「お前、sakeを探しているのか?にごり酒は最高だぞ!」

 

ガハハッと笑い、1本とって去っていきました。

 

先ほどのお店でも聞いたのですが、アメリカ人には味わいがはっきりとしたものが人気のようです。にごり酒やメイドインUSA酒の「g」しかり、食べ物も濃い味付けのものが多いので、すっきり飲めるものよりかは、原酒や山廃系の日本酒も好まれるのかもしれません。

 

日本酒の人気は海外で広まっている一方で、これは日本国内の酒販店にも言えることですが、ちゃんとした保管・陳列をしてほしいですね。せっかくいい日本酒をそろえていても、蛍光灯がガンガンあたっていたり、にごり酒がほかのものと一緒に並んでいたり。

 

f:id:kyoukaranihonnshu:20170113224914j:plain

f:id:kyoukaranihonnshu:20170113224205j:plain

 

にごり酒のPOPに至っては「冷やしても温めてもOK」と書いてありました。裏ラベルは冷やせと書いてあるのに。店員の教育もこれからですね。

 

f:id:kyoukaranihonnshu:20170113224450j:plain

 

滞在中、4本お買い上げ。にごり酒以外はアメリカ資本が入っていますが、ボトルのセンスがいいですね。高級品である、という印象が伺えます。

 

ツーリズムExpoジャパンにいってきました

こんばんはTakuです。

 

音信不通の次は連続投稿です。相変わらず不安定な更新です。

いや…書きたいネタはたくさんあるんですよ…あるんだけど。。

 

日本酒飲みました~だけではつまらないので、今後日本酒を国内・海外に発信していくうえで考えていること・できるんじゃないかってこと・やってみたこと、たくさん書き留めていきたいなと思います。

 

今回は観光がテーマの記事になります。

 

東京ビッグサイトでやっていたツーリズムExpoジャパンというイベントにいって参りました。

 

f:id:kyoukaranihonnshu:20160925003255j:plain

http://www.t-expo.jp/

 

 

今年で第三回目を迎える当エキシビジョン、「食」「伝統芸能」「世界遺産」などをテーマに国内の各県・各市町村、さらには海外から多くのブースが出展していました。

 

日本酒×ツーリズムで今後何かやってみたいなということで、ご招待頂き潜入!なんと日本酒の試飲もあるというのでそっちが楽しみw

 

各ブースとも現地の自然・歴史建造物がメインに出されていて、当然ながら日本酒を全面に推しているところは福島くらい。県内の樽がたくさん。

f:id:kyoukaranihonnshu:20160924231936j:plain

 

 

県単体ではなく北陸三県や瀬戸内エリアでまとまって日本酒を出しているところもありました。

 

 

f:id:kyoukaranihonnshu:20160924232146j:plain

 

 

日本ワインもあまり目立ってはいませんでしたが…もうちょっと全面に出してほしいですね~~昇龍道も「ふーん」て感じでしたし笑

 

 

あといろんなブースでやっていたのはVRの体験。最近各地で見かけるようになったなと思います。あのゴーグルかけてやるやつ。こちらは平昌のブース。

 

f:id:kyoukaranihonnshu:20160924232022j:plain

 

医療の現場では外科医のオペの練習で使っていたりしますが、スキーのジャンプ体験や、夏祭りのイベントコーナーのようなイベントもありました。

 

 

これは実際の酒蔵見学とかにも使えそうだなあと。

 

古い蔵だと昔使っていた大正蔵や江戸蔵とかあるんですけど、VRゴーグルかけると昔の設備や蔵人が出てくるとか。生酛造りの現場なんかもこれで見られるようにして、ついでに母語の字幕なんかつけられるようになったら面白いかもしれませんね。

 

酒蔵見学もまだまだやり方はありそうです。

 

 

それでは~