今日から日本酒を

「日本酒を世界へ」というミッションのもと、国内外のまだ日本酒に馴染みがない方々に、國酒日本酒の魅力・感動を発信しています。蔵元さんや酒販店さんと会って感じたこと、開催した酒会、行った酒会の感想などを書き記しています。「日本酒っておいしい!」そういってくれる人が一人でも多くなればとても嬉しいです。

英語で日本酒を学ぶ ①

こんばんはTakuです。

 

 

英語で日本酒を学ぶワークショップに行ってきました。

 

f:id:kyoukaranihonnshu:20160330232328j:plain

 

訪日外国人が増える中、日本の誇る酒の概要・オススメくらい英語で紹介できるようにしておきたいものです(かっこいいこと言っていますが当日は必死に食らいついてました)。

 

日本酒……まず日本語でも充分に説明できるのか怪しいですが、英語だとさらに語彙力が乏しいので伝わらないのは必至。また日本語は英語(他言語)に比べて曖昧な表現が多いので、直訳しても通じないことが多いです。誤解を招くこともしばしば。

 

というわけで、今回はそんな乏しい語彙力をアップと、的確な表現を身につけるためのトレーニングです。

 

 

講師は(株)アンカーマンの和田さん、先日飯沼本家の酒造体験を企画した方です。日本酒を世界へ発信するため、訪日客向けの酒蔵ツーリズム、蔵元の経営支援などを行っております。

 

そしてもう一人、イギリス人のクリスさん。

大学時代の日本酒専攻がきっかけで日本酒に興味を持ち、以来酒販店、蔵元での営業を経て、現在は“酒の旅人”として日本酒ビジネスに従事しております。

 

 

f:id:kyoukaranihonnshu:20160331013841j:plain

 

 

まあ一言でいうとすごい人たちです(雑)

 

 

曖昧な日本語の表現を、ネイティブが修正してくれるので大変心強いですね。

 

しかも日本酒大好きな人が直してくれるので、より正確に伝わる言葉を学べます。

これ、なかなか貴重です…。

 

 

さてワークショップでは、知っているようで知らない言葉、

 

英語にしたら何て言うんだろう、これって通じるのか?

 

そんな疑問に答えてくれます。

 

 

まず語彙も大事ですが、海外から見た日本酒を学んでおくことが重要です。

直訳では外国人に通じない言葉があります。

 

 

例えば米の味わい、旨味があるという表現。

 

昨今ではUMAMIは世界共通語になっていますが、

しっかり理解されているわけはないようです。

 

日本人(または東南アジア方面)は米が主食なので、米の味わいや旨味といえば、なんとなく伝わります。

 

しかし欧米ではそうもいきません。米の味わいが~、旨味が~、といってもアァっ?と返されてしまうでしょう。

 

こういった日本人しか分からないような例えは、外国人のイメージしやすいもので言います。

 

肉やハーブの味わいであれば伝わりやすいので、

風味のある、香りのよい、味のある、という意味があるsavouryという単語を組み合わせて文章を作ります。

 

This sake was savoury notes of roasted meats, herbs and spices.

 

Note ofは ~の特徴、特色があるという意味です。

 

 

「この酒は肉やハーブ、スパイスのような味わいがある」

 

日本酒に肉のような旨みがあるわけではないので一見ピンと来ないかもしれませんが、

これで旨みがあることを伝えることができるようです。

 

大変実践的な英語ですね…。UMAMIがあるんだよ!と伝えるよりよほど説得力がありそうです。

 

他に直訳で伝わらないもの、当たり前ですが、純米や本醸造は説明しないと分かりません。日本人でも知らない人は多いですし。

 

図なんか描いてゆっくり説明してあげましょう。

 

米を削る意味から教える必要がありそうですね笑

 

 

f:id:kyoukaranihonnshu:20160330232159j:plain

 

またワークショップでは、これだけ覚える日本酒キーワードも教えてもらいましたので、少し紹介させてもらいます。中にはまろやかな、飲みやすい等、何気なく使っている表現もありました。

 

英語を喋るときは文法も大切ですが、単語を知っているだけでも伝わりますので、

ワードを知っていると表現の幅も広がりますね。

 

味わい   flavour

飲みやすい easy to drink

余韻が長い good length

 

香り   nose

華やか  florid

穏やか  gentle

芳醇な  mellow

香り高い aromatic

 

冷酒   chilled

常温   room temperature

ぬる燗  warm sake

熱燗   hot sake

 

 

番外編で雪冷えなど、色々な温度帯の用語を教えてもらいました。

 

雪冷え   snow cold

花冷え   spring chilled

人肌燗   body temperature

とびきり燗 piping hot

 

 

英語は簡単な言い換えができれば割と通じるので

 

ほかにも、軽やかな(light)といった単語を「This sake is~」に当てはめてしまえば、あっという間に英語で日本酒を語れてしまいます。

 

「花のような香りで、味わいはなめらかで上品。最初はフレッシュだけど、

その後にはしっかりとしたボディを、感じる。」

 

 

などとちょっと洒落た言い回しを使いたい、他の表現も知りたい、

 

という方がいれば、レベルアップした表現もありますので、

 

次回のブログで紹介したいと思います

 

 

kyoukaranihonnshu.hatenablog.com