読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日から日本酒を

「日本酒っておいしい!」 日本人はもちろん、海外から来る人達を日本酒好きにするのが趣味です。ただ飲むだけでなく、造り手の想い、拘り、合わせると抜群にうまい料理を提案したいです。知れば知るほど深い日本酒を、みんなにも伝えたい。よく飲み、よく学べ。日本酒と向き合う日々を描きたいと思います。

第二回 新潟の地酒を飲む会

こんにちはTakuです。

 

週一回の更新を目指しておりましたが、日本酒飲み歩きイベント@日本橋や、新宿レゲエバーでやるSmile日本酒といった数々のイベント、また仕事がなんだかんだ忙しくて更新できずでした。

 

4月は数々の蔵元の方、イベントコーディネーターの方とお会いできて、充実した日本酒生活をおくっております。

 

さて前回2月に開催した新潟地酒を飲む会、好評(たぶん)に引き続き、第二回を開きました。

 

kyoukaranihonnshu.hatenablog.com

 

 

 

今回の会場は、湯島でBarを経営されている方の厚意で、お店を貸し切りさせて頂きました。

 

参加人数は初回より増えて合計16人。用意した日本酒は8種類。

寒梅のような定番酒から県内・市内にしか流通しない珍しい酒・変態的な酒まで幅広く用意。

 

酒の量が足りなければ種類を増やせばよいと考えるかもしれませんが、何がおいしかったか、できるだけ記憶に留めて帰って頂きたいので、あまりお酒の本数はあまり増やしたくないのです。

そう考えると7~8本が限界かもしれませんね。

 

ただ日本酒イベントで日本酒がないのも残念なので、一本だけ一升瓶を。直前だったので郵送でお願いしました。

 

一升瓶、というか日本酒を初めて郵送していただく。

 

こんな専用の箱があるんだな笑

 

f:id:kyoukaranihonnshu:20160429161314j:plain

 

 

酒の量は結果的に、ぎりぎり足りるか足りないかでした。

 

 

さて今回のラインナップはこちら。※澱だけ写真にはありません…

 

f:id:kyoukaranihonnshu:20160429161357j:plain

 

①村祐 【常盤】 純米無濾過本生

原料米   : 非公開                                精米歩合:  非公開      

アルコール度数: 15~16度                                特定名称: 純米大吟醸酒             

和三盆糖をイメージした爽やかな甘さの吟醸香を堪能あれ。数ある村祐シリーズでも、

最高峰に位置する一品。                                             

 

 

②壱醸 純米酒無濾過

原料米   : 越淡麗100%                     精米歩合: 50%             

アルコール度数: 16.1度                                    特定名称: 純米酒                                      

地元の米で、水で、人で造られた今注目の地酒。なめらかで、力強い米の旨みが印象的。                                                       

 

③壱醸 純米生原酒 雷(いかずち)

原料米   : 越淡麗100%                     精米歩合: 50%             

アルコール度数: 17.1度                                    特定名称: 純米酒                        

新潟県内の選抜店のみで扱える、壱醸の限定酒。上品でフレッシュな香りと、

旨みを兼ね備えた一本。

 

                                                       

④越乃寒梅 特撰

原料米   : 山田錦                                精米歩合: 50%             

アルコール度数: 16~17度                                特定名称: 吟醸酒          

これを飲まずして、越乃寒梅は語れない!?すっきりとしていて繊細な味わい。

その中にもどっしりとした旨みが感じられる。                                                    

 

 

麒麟山「純辛」純米吟醸辛口

原料米   : たかね錦                            精米歩合: 50%             

アルコール度数: 15~16度                                特定名称: 純米吟醸酒   

麒麟山の持ち味であるキレと、柔らかな吟醸香と旨みが特徴。品質管理が行き届いた酒販店にしか置いていないのも注目。                    

 

                           

⑥澱ORIZAKE

原料米   : 記載なし                            精米歩合: 記載なし      

アルコール度数: 20度                                       特定名称: なし                           

お酒を搾った後の澱(おり、にごり)の部分だけを集めた酒。通常の澄んだ酒とは違った味わいが楽しめる(今日はカクテル!)。                      

 

                           

⑦緑川 涼暖生

原料米 麹米・五百万石 掛米・こしいぶき 掛米四段・こがねもち                 

精米歩合: 55%                                          アルコール度数: 15.5度       

緑川酒造より11年ぶりの新商品が登場。「生酒は冷やして」の常識を覆し、

お燗でもおいしい生酒が登場。十号酵母使用。      

 

                                         

⑧越の川

原料米   : 五百万石                            精米歩合: 70%             

アルコール度数: 15~16度                                特定名称: 普通酒          

蔵元のある長岡市栃尾の地元にしか流通しない希少酒。定番晩酌酒として、

飲み飽きない、燗にも向く酒。                           

 

 

酒がかなり増えたので、持ち込み用のカバンは海外旅行用のスーツケースで挑みます笑

 

 

f:id:kyoukaranihonnshu:20160429161431j:plain

 

 

資料はこんな感じ。

 

 

f:id:kyoukaranihonnshu:20160429161236j:plain

 

f:id:kyoukaranihonnshu:20160429161554j:plain

 

 

また今回は銘柄の横に○と●の印をつけて、簡単な飲み比べも試してみました。

 

 

f:id:kyoukaranihonnshu:20160429161628j:plain

 

”○”は壱醸と雷(いかずち)の飲み比べ。壱醸は火入れをしていますが、雷は生酒。それ以外の製法は同じなので、火入れ酒と生酒の違いを比べてもらいます。

 

 

”●”は越乃寒梅と麒麟山で、吟醸酒純米吟醸酒の飲み比べ。原料米も蔵元も違うので一概には比べられませんが、「辛口酒」飲み比べという位置づけでもいいかもしれません。

 

 

そのほか、澱ORIZAEで日本酒カクテルも作ってもらったり、11年振りの新商品として今年発売された緑川酒造の「緑川 涼暖生」を出したり…こちらは生酒なのに燗にもできる珍しい日本酒です。

 

そしてラストは長岡市栃尾にしか流通していない、越の川。普段の晩酌用として造られた日本酒ですが、普通酒なのに精米歩合70%ww

 

これは燗にして頂くのがオススメ、そして器にも拘りました。平盃!

 

 

この日のために8つほど大人買いww

 

平盃に関しては以前も書きましたが、口の広い器で飲むのと本当に味わいが変わってきます。

 

 

kyoukaranihonnshu.hatenablog.com

 

 

 

さて最後は16人の参加者に、1人2票でその日本酒が良かったか投票してもらいました。

 

結果は下記の通りです。

 

 

一位 6票 壱醸 純米酒無濾過 

一位 6票 越の川

二位 4票 壱醸 純米生原酒 雷(いかずち)

三位 1票 村祐 【常盤】 純米無濾過本生

三位 1票 澱ORIZAKE

三位 1票 緑川 涼暖生

 

 

うーむ…半分くらいしか投票できていませんね笑

 

酔っ払いや途中で帰られた方もいるので無効票が多かったようです。

 

しかしトップ3が越銘醸を独占し、普通酒の越の川が同トップにいるのも興味深い。

 

越の川は燗で提供したので全部が同条件ではありませんが…日本酒は決してネームバリューや価格、特定名称で判断されるものではないのだなと感じました。

 

 

次回はどんな会にしようか…。さあて日本酒の輪もっと広げていきますよ。