今日から日本酒を

「日本酒っておいしい!」 日本人はもちろん、海外から来る人達を日本酒好きにするのが趣味です。ただ飲むだけでなく、造り手の想い、拘り、合わせると抜群にうまい料理を提案したいです。知れば知るほど深い日本酒を、みんなにも伝えたい。よく飲み、よく学べ。日本酒と向き合う日々を描きたいと思います。

日本酒検定3級 結果が来ました!

こんばんはTakuです。

 

先月あった日本酒検定3級ですが…

 

 

f:id:kyoukaranihonnshu:20160501230403j:plain

 

 

無事合格しました。

 

まぁアイキャッチ画像にすでにこの画像が出ているのであまり引っ張りません。

おかげさまで受かりましたよ。

 

日本酒検定、友人たちから一応おめでとうのお声を頂きましたが、

 

その日本酒の道を進んでいる方々からは、何その資格(笑)と言われる始末で。

 

本当に話のネタにしかならんかなと思う次第ではございますが、

久々に検定試験なるものを受けて、無事受かった自分を少しは褒めたいと思います。

 

んで合否通知書には合格ラインの点数と自身の得点数も書かれておりました。

 

得点数86点(合格ライン70点/100点満点中)

 

あれ、前まで正答率85%以上が合格ラインだったのに、下がりましたね。

 

日本酒検定を受ける際、この方のブログを参考にしたのですが、

2年前までは85点以上が合格でした。

www.notasalmon.jp

 

合格者が減ったのでしょうか…。

良いのか悪いのか分かりませんが、今後受ける人、チャンスですねw

 

 

まあいずれにしても86得点だったので旧合格ラインでもOKだったようです。

しかし全50問で86点てのもよくわかりませんねえ。1問5点ではないのか…。

 

同じレベルの問題が並んでいましたが、得点が違うということでしょうか。

 

毎年問題は変わると思いますが、3級程度であれば以下に気を付ければ受かるのではないかと思います。

 

 

① 日本酒の基を読み込む

公式テキストからの問題が主です。びっくりするくらい、隅の問題から出題されることがありますので読み込むにこしたことはないでしょう。米に含まれる成分で、○○に影響を与えるのはどの成分か、といった問題が出されます。

 

② 用語と意味を理解する

基本的なことですが、床もみ等の用語だけでなく、説明文から用語を答えられるようにしておくことが重要です。また、その作業にかかる時間も問われるので、その用語の周囲の情報も関連付けて覚えておくとよいかと思います。

 

③ 利き酒師問題集をやっておく

HP上にある問題集を2、3周しておきましょう。利き酒師の問題集なので日本酒以外の問題も載っていますが、日本酒の項目のところだけで大丈夫です。

 

④ 時事問題は過去記事をカバー

時事問題は知っていなければアウトです。分からなければ運に任せましょう。

ただし、同じ問題が使いまわされていることが多いので、Web上で日本酒検定を受けた人の記事、もしくはTwitterの呟きを探しましょう。

 

問題で出たのは、例えば交通事故のうち飲酒運転で検挙された件数や、急性アルコール中毒で搬送される人数が最も多いのは何月か、など。

 

後者に関しては、今回は最も多い月と、二番目に多い月も問われました。

 

また最新の情報でなく、平成○○年度の~など過去の内容を聞いてくる場合もありますので注意を(なんで最新のデータを問わないのかは謎)。

 

あとはテキストにある、日本酒の歴史の最後の方に出てくる海外事情に関する内容。

縄文時代から現代までの日本酒の歴史を学んで、疲れた後に付録のようについている日本酒の海外事情ですが、しっかり出題されます。ある程度一般常識問題ですが、謎のひっかけ時事問題のためにも、ここでしっかり得点を稼いでおきましょう。

 

 

一通りテキストと利き酒師問題集をやり、凡ミスに気を付ければ、試験通過はさほど難しくはないと思います。

 

余談ですが新潟には新潟清酒検定があって、3・2・1級の代わりに、銅・銀・金というランクがあります。新潟の酒屋でこの話になりましたが、現地では新潟清酒検定の方が知名度あるようで、全国版の日本酒検定の存在は知られていませんでした。福島にもあったかな?

 

みなさんも今日から日本酒(検定)を!